2009年11月 のアーカイブ

電車と船で行く日間賀島

2009年11月28日 土曜日

DSC02158
今日は電車で日間賀島へでかけます名鉄電車で名古屋駅から知多半島の先端、河和港へ
DSC02167
さらに名鉄海上観光船で日間賀島、西港へ到着です
DSC02170
蛸が干されています
DSC02174
西海岸
DSC02225
透明度が高いです
DSC02211
遠くにチッタナポリが見えます
DSC02210
ズームイン
DSC02233
島を反時計回りに歩きます
DSC02234
観光ホテル
DSC02232
この付近はアサリが採れるようです
DSC02256
ネコがいます
DSC02261
東港の蛸
DSC02268
大光院
DSC02270
20円30円
DSC02272
ネコの大群です
DSC02302
すずめもいます
DSC02281
日向ぼっこ
DSC02292
親子
DSC02303
ゲートボール場となったビーチ
DSC02313
どちらかと言えば夏に来るべき場所のようです
DSC02319
カモメ
DSC02337
エネオス
DSC02347
マンホール
DSC02360
北港
DSC02363
蛸壺
DSC02364
西港の蛸
DSC02378
名古屋駅のイルミネーションは年々派手になって行きますね。それにしても、いやあ、電車は運転の必要がないので酒が飲めて良いですねえ。冬場の日間賀島は地元の新鮮な味覚を堪能できるので、それをつまみにぶらりぶらりと散策をするのも良いものです。島の一周にはゆっくり歩いても1時間もあれば十分でしょうし良い運動になりました。それにしても名古屋からそう遠くない場所に、これほどきれいな海岸があるとはすばらしい、離島ならではの自然の恵みなんでしょうねえ。夏になったらまた訪れたいです。

紅葉の香嵐渓

2009年11月23日 月曜日

DSC01770
DSC01772
DSC01777
3連休の最終日、紅葉シーズンで道路の混雑が予想されるため、朝の5時に出かけました。途中、渋滞などはなく6時に到着です。その後、車でウトウトしていて気がついたら昼の10時になっていました。あ?あ、これは大失敗ですね。しかし、おかげで体が軽いです。そんなわけで、気を取り直してビール片手に散策に参ります。
DSC01788
露店のにぎわい
DSC01799
待月橋
DSC01801
紅葉を見ながら珈琲
DSC01815
ネコも紅葉を見物
DSC01850
町並みの散策をします
DSC01857
今日はネコはいないみたいです
DSC01862
レアポテト
DSC01863
シュークリーム
DSC01869
???
DSC01878

DSC01889
牛乳
DSC01908
観音寺への入り口
DSC01940
好い景色です
DSC01957
ここでちょっとお茶と菓子(食べてばかりです)
DSC01976
風に舞う落ち葉を流し撮り
DSC02002
福祉観光施設百年草
DSC02016
お目当てはパンです
DSC02041
ライトアップ見に河川敷へ
DSC02054
まだ明るいのに月が見えます
DSC02051
ライトアップされました
DSC02061
夜景も見たところで5時となり帰りましたが渋滞はありませんでした。ただし、来る道はまだまだ大渋滞で大変そうでした。それにしても全くの拍子抜け。朝の5時に来て夕方5時に帰れば渋滞とは無縁のようです。

文化のみち

2009年11月14日 土曜日

DSC01186
弊社周辺は、文化のみちという散策路に指定されていますようです。実は昔から住んでおりながら、一度も散策したことが御座いませんので、郷土発見と言うことで散策してみました。文化のみちとは名古屋城から徳川園に至るエリアで、江戸から明治、大正へと続く名古屋近代化の歩みを見ることができる建物や史跡がある見学路で御座います。
DSC01201
旧豊田利三郎邸の門・塀
DSC01213
文化のみち百花百草
DSC01231
主税町長屋門
DSC01246
文化のみち二葉館(川上貞奴邸)
DSC01309
文化のみち撞木館
DSC01314
うねりのある板ガラス
DSC01329

DSC01361
変わった形の飛石(足は妻で御座います)
DSC01376
干し柿
DSC01317
欄間
DSC01365
庭にあった茶室
DSC01374
二宮金次郎石像(昔の山吹小学校のものでしょうか?)
DSC01321
江戸時代の白壁地区地図
DSC01332
昭和八年の白壁地区地図
DSC01311
そういえば、私がまだ若い頃、山吹谷公園で遊んでいたら、この家の持ち主と名乗られる老婦人から、「将来皆様に開放するから遊びに来てね」と声をかけられた事があったのを思い出しました。今にして思えばとても善き人のようで御座いました。
今では貸室などもあり地域住民が有効に使えるような形で利用されているようです。庭を見ながら読書をする、そんな楽しみ方にも憧れてしまいます。また入館定期券のようなものもあるようです、夏にまた訪問したいと思います。

名古屋でいい店を見つけました

2009年11月11日 水曜日

DSC01175
灯台下暗しとは良く言ったものです。私が本日買った500円のお弁当は最上級の一品でした。このお弁当、「やまぶき弁当」と言うそうです。弊社の向かい側に、山吹ワーキングセンターという知的障がい者の授産施設がありまして、ここで作られたお弁当で御座います。良く考えたら知り合いもここでスタッフとして勤務していた事があるのですが、お弁当を売っているとは聞いていませんでしたので見落としていたようです。たまたま、通りがかって、「お弁当はいかがですか」という呼び声を耳にしたからわかったようなもので御座います。それにしてもここのお弁当は本当に心がこもっていますね。こういうのを真心弁当と言うのでしょうか。自然と手を合わせて「いただきます」をしてしまいました。また、買いに行きたいと思います。