2010年2月 のアーカイブ

WordPressのバックアップ

2010年2月21日 日曜日

WordPressのデータは、可能性は低いですが、まれにサーバーなどの予期しない不具合によって消失することもありますようです。
そもそもサーバーに記憶されたWordPressのデータは、フラッシュエスエスディーではなくハードディスクドライブに記録されているのだと思いますが、そのハードディスクドライブとはモーターで高速回転する円盤型磁性体に情報を記録する装置であり、よく考えればモーターを使っておりますので定期的に壊れてあたりまえの消耗品で御座います。
現に、私は今までにハードディスクドライブを20台以上は使用不能にしてしまっておりますので、転ばぬ先の杖と申しますか、はーd-ディスクは壊れる前に定期的に交換し、バックアップは割と頻繁に行っております。

さて、そのバックアップですが。WordPressのデータをバックアップするプラグインはWP-DB-BackupとWP-DBManager他、いろいろありますようです。
いろいろ調べまして、現状でバージョンの更新頻度が高く、不具合の少なそうなWP-DBManagerを使ってみようと思います。また、日本語版もあるようですが、バージョン対応の速さという点を考え、ここはあえて英語版を利用してみることにしました。

http://wordpress.org/extend/plugins/wp-dbmanager/

にてWP-DBManagerをダウンロードします。
zipファイルを解凍するとwp-dbmanagerフォルダが出てきます。
以下デザインがデフォルトの場合の説明です。

まず、FFFTP(フリー)などのFTPソフトなどでWordPressが設置されているフォルダを開きます。
その中からwp-contentフォルダを開きます。
さらにその中からpluginsフォルダを開きます。
ここへwp-dbmanagerフォルダごとアップロードします。

次にダッシュボードの下から4番目のメニューことプラグインメニューよりFile Galleryを有効化します。

すると、
WP-DBManager1
ドーンと警告が出ます。このまま使い続けても、別にいいのですが、この警告は、目立ちすぎですよねえ。何かウイルス警告を受けているかのようです。

内容はバックアップフォルダのセキュリティを上げてくださいねと言っているようです。

なので、ここはセキュリティを上げるために指定された通りにwp-contentフォルダを開きます。
さて、そこに、backup-dbが、ない、ですね。そうです。ないんです。ないのに警告されてたんですよ。
おそらくバックアップするタイミングで生成されるのでしょうけど、面倒なのでbackup-dbフォルダを作ってwp-contentフォルダへ設置してやります。

そしてbackup-dbフォルダに、ローカルのwp-dbmanagerフォルダにhtaccess.txtが用意されていたのでアップロードして、
WP-DBManager2
名前の変更で.htaccessへリネームです。

これで警告が出なくなります。

使用方法は至って簡単。ダッシュボードの左側一番下に作成されているメニューより

Database→Backup DB

へ進みボタンを押すだけ。さらに

Database→Manage Backup Database

では、バックアップファイルを特定のメールアドレスへ手動で送信できます。

その他、メールアドレスへの自動バックアップの設定は

WP-DBManager3
Database→DB Options

で指定します。

Repair DB

を見ると、データーベースがずらりと出てきます。さくらインターネットのサーバーのマルチドメインで複数のWordPressを稼動していたりすると、他のブログを含めた全てのデータベースが表示されてしまうようです。(同時にバックアップされているのでしょうけど)
まあ、私などは知った人にしかWordPressのブログスペースを提供していませんので大きな問題はないのですけれど、プライバシーを気にする人は抵抗あるかもしれませんね。
さて、このWP-DBManagerは結構便利なバックアップツールでしたが、WordPressはこれでバックアップ終了では御座いませんのであります。
このデータベースのバックアップだけでは、サーバーが故障した場合に、完全に元の状態に戻すのは困難です。なぜならバックアップしたのはあくまでデータベース部分だけだからであります。
結局、画像や動画を含めた現在アップロード中のWordPress、及び設置フォルダ上の全ファイルをローカルフォルダに保存しなければなりません。そして、そこまでバックアップしてようやく完了と言えるのです。

もし、手間を惜しまないなら、現在利用中のバージョンのWordPressやプラグインの圧縮ファイル(ZIP状態のファイル)もどこかにバックアップすることをお勧めいたします。
私の場合はWordPressの現在使用中のバージョンのZIPファイルとこのプラグインのこのバージョンのZIPファイルなどをローカルだけでなく、バックアップディレクトリにアップロードしてバックアップを完了としました。
これで、サーバー側とローカル側が同時にトラブルを起こさない限りはまず万全ですし、誰かに頼まれたりした時、同じものを別のアドレスで新たに作成する時など、非常に作業が容易となるでしょう。

わざわざ文章に起こすようなレベルの内容ではないですが、覚書としてこのページを残します。ご変更の際はくれぐれも自己責任でお願い致します。。はあ。

WordPressのフッターに著作権表示のコピーライトを入れる

2010年2月14日 日曜日

WordPressのフッターに著作権表示のコピーライトを入れる方法はいくらかありますが、例えばそこに最新の西暦を表示させたいと思った場合は手動ではなく自動であればどんなに楽でしょうか。世の中は広いですねえ、そういうプラグインが見つかりましたのでご紹介いたします。まず、

小粋空間
http://www.koikikukan.com/archives/2007/12/12-020202.php

にてWwp-copyright.zipをダウンロードします。
zipファイルを解凍するとwp-copyrightフォルダが出てきます。
以下デザインがデフォルトの場合の説明です。

まず、FFFTP(フリー)などのFTPソフトなどでWordPressが設置されているフォルダを開きます。
その中からwp-contentフォルダを開きます。
さらにその中からpluginsフォルダを開きます。
ここへwp-copyrightフォルダごとアップロードします。

次にダッシュボードの下から4番目のメニューことプラグインメニューよりCopyrightを有効化します。

その後、外観メニューより、テンプレート→フッターを選びフッター (footer.php)を編集します。

下記のタグで最新の年号を取得するとの事です。
<?php wp_get_copyright_year(); ?>

なので、私の場合は

<p>
<?php printf(__(‘%1$s is proudly powered by %2$s’, ‘kubrick’), get_bloginfo(‘name’),
‘<a href=”http://wordpress.org/”>WordPress</a>’); ?>
<br /><?php printf(__(‘%1$s and %2$s.’, ‘kubrick’), ‘<a href=”‘ . get_bloginfo(‘rss2_url’) . ‘”>’ . __(‘Entries (RSS)’, ‘kubrick’) . ‘</a>’, ‘<a href=”‘ . get_bloginfo(‘comments_rss2_url’) . ‘”>’ . __(‘Comments (RSS)’, ‘kubrick’) . ‘</a>’); ?>
<!– <?php printf(__(‘%d queries. %s seconds.’, ‘kubrick’), get_num_queries(), timer_stop(0, 3)); ?> –>
</p>

の部分をごっそり変更し

<p>
Copyright © <?php wp_get_copyright_year(); ?> <?php bloginfo(‘name’); ?> All rights reserved. (リンクは御自由にどうぞ)
<br /><?php printf(__(‘%1$s and %2$s.’, ‘kubrick’), ‘<a href=”‘ . get_bloginfo(‘rss2_url’) . ‘”>’ . __(‘Entries (RSS)’, ‘kubrick’) . ‘</a>’, ‘<a href=”‘ . get_bloginfo(‘comments_rss2_url’) . ‘”>’ . __(‘Comments (RSS)’, ‘kubrick’) . ‘</a>’); ?>
<!– <?php printf(__(‘%d queries. %s seconds.’, ‘kubrick’), get_num_queries(), timer_stop(0, 3)); ?> –>
</p>

※便箋上<>を全角表示しておりますが、本来は半角です。

と、デフォルトで表示されていたhttp://wordpress.org/へのリンクを取り払って著作権表示を変更しました。そもそも著作権を主張するようなレベルの話でもないのですけれどねえ。これで見た感じが良くなりましたので結果オーライで御座います。

わざわざ文章に起こすようなレベルの内容ではないですが、覚書としてこのページを残します。ご変更の際はくれぐれも自己責任でお願い致します。

ギフトショー2010へ

2010年2月4日 木曜日


館内撮影禁止ということで、外観のみです。
出展企業が少なくなった気がしますが、どうなのでしょうか。