2010年6月 のアーカイブ

浜松駅 ちょっとお得な話

2010年6月26日 土曜日

浜松駅、仕事の関係でよく来ます。今回はそんな浜松駅のちょっとお得な話をご案内します。
20100710233
ここ浜松駅のマクドナルドにはコンセントがあります、携帯やパソコンの電源として使用できるような表示までついていますので、その気になれば、堂々とインターネットカフェのような事ができます。それにしても、ここまで親切にコンセントを設置している店はあまり見たことがありません。もちろん、コーヒーのお変わりは自由でありますから、待ち時間はいつも利用させてもらってます。
20100710234
さて、この店を出て
20100710235
中央へ向かい
20100710236
新幹線乗り場を通過し
20100710237
駅正面から出まして

20100710238
右へと進みます

20100710239
豊橋名産「山サのちくわ」の看板があるビルの一階部分が
20100710240
新幹線格安チケット販売機となっております
20100710241
いろいろなチケットが売られています。その中の一部を見てみますと、
20100710242
浜松-名古屋間の新幹線料金が3,400円です。正規料金は4,300円ですので、駅から1分歩くだけで900円お得となる計算です。まあ、この販売機は利用者が絶えないほどの人気ですので、浜松の人なら誰でも知ってる情報だったかもしれませんねえ。ちょっと、お得な話でした。

雨の清洲城

2010年6月26日 土曜日

今週もまたしても雨であります。起きましたのが昼過ぎでもあり、出かけるにしても距離が限られてまいります。そこで、近すぎて訪れていないような場所を考えたところ、「清洲城・信長・鬼殺し」と、よく地元は愛知県のテレビコマーシャルで流れている清洲城へ一度も行っておりませんでしたので、思いつきで観光へ参りました。観光といっても車で30分の距離です。今回は、準備不足に付き、携帯のカメラでの撮影となり、写真がお見苦しいかもしれません。ご不便をお掛け致します。
201006266036
雨のせいで、悪の城のような絵になってしまいました。
201006266037
川を挟んで公園と城が御座います。本来は公園のある場所に清洲城があったようです。
201006266038
まずは橋を渡ります。大手橋という名前だそうです。
201006266039
立派な橋です
201006266040
門が見えてきました
201006266041
天守閣に人が見えます
201006266042
石庭があります
201006266043
池があり、日本的な情緒が感じられます。
201006266044
アメンボがいます
201006266045
大人300円子供150円です
201006266046
201006266047
201006266048
出土品などが展示されています。
201006266049
屏風(レプリカ)。この後、当時の清洲を説明する展示が続きますが、撮影禁止でありましたので全て割愛致します。
201006266050
最上階です
201006266052
201006266053
201006266054
本当にいい眺めです、晴れていればもっと良い眺めだったことでしょう。
201006266055
201006266056
201006266057
201006266058
幽かに見えるJRツインタワー
201006266059
新幹線
201006266060
展望階には奇妙な仕掛けがあり、それを覗くと、本来この清洲城が存在していた場所に、
201006266061
清洲城をこのように重ね見ることができるようです。
201006266062
本来の清洲城のあった場所は線路が通ってます。
201006266063
晴れていればこんな眺めが
201006266064
見られた
201006266065
ようです
201006266069
201006266070
展望階には太鼓が設置されており、誰でも叩く事ができます
201006266074
201006266081
この望遠鏡は100円で3分と書かれていましたが、壊れていて、無料で見ることができました。
201006266075
古すぎて壊れたのでしょうか
201006266080
携帯で普通に撮影
201006266079
三倍ズームでもこの程度
201006266077
携帯のカメラで望遠鏡越しに撮影してみました、一眼ではできない芸当ですね。よく見えます。
201006266078
やはりこのような強引な望遠では歪が出てしまいますけれどねえ。
201006266087
最後に、テレビコマーシャルで有名な信長像を写真に収めました。晴れていたら、この公園を散策することもできたのですが。今回は見送ります。
201006266089
確実な証拠を示す資料はないようですが、本来の清洲城は、徳川家康が名古屋城を整備する際、清須城の天守を御深井丸西北隅櫓(名古屋城外堀の北西にあるの櫓)として移築したと言われています。となると、ここを訪問した後に名古屋城を巡って初めて清洲城の観光が完結する?といえるかもしれませんねえ。

トヨタ博物館→愛知県陶芸資料館(陶芸体験)→瀬戸市街アーケード街めぐり→瀬戸蔵ミュージアム

2010年6月20日 日曜日

梅雨の愛知県での観光は選択肢が少なく考え込んでしまうところであります。今年は全般に平年よりも遅い梅雨入りだったそうですが。週末の土日はほぼ毎回のように雨が降り困ったものです。そこで愛知県及び名古屋近郊でも雨の日でも問題なく楽しめる場所を考えましたのでご紹介致します。
2010062005325
東山動物公園前を抜け
2010062005331
トヨタ博物館へ到着です
2010062005332
大きなT字の看板が目印
2010062005359
トヨタ博物館
TOYOTA ATOMOBILE MUSEUM
2010062005361
大人1,000円中学生600円小学生400円です
2010062005363
まずは記憶にもない古い時代の車が延々と展示されており。
2010062005364
順路を奥へと進むにしたがって年代が新しくなるように展示されています。この車はトヨタAA型、トヨタの最初の自動車です。
2010062005365
TOYODA
2010062005368
以下、写真のみにて失礼いたします。
2010062005369
2010062005371
2010062005372
2010062005373
2010062005374
2010062005375
2010062005376
2010062005377
2010062005378
2010062005379
2010062005380
2010062005381
2010062005382
2010062005383
2010062005384
2010062005385
2010062005386
2010062005387
2010062005389
2010062005390
2010062005391
2010062005393
説明案内板を撮影し忘れましたが。スバル360です。
2010062005394
2010062005395
2010062005396
出ました。パブリカ。70年代はもうすぐです。
2010062005397
2010062005399
2010062005400
2010062005401
2010062005402
1970年代ゾーンへようやく到着しました。
2010062005404
当時の雑誌の花の○○トリオ。
2010062005405
左から山口百恵さん、桜田淳子さん、森昌子さん。おそろいのカーディガンが70年代アイドルらしさを演出してます。
2010062005407
新御三家、郷ひろみさん、野口五郎さん、西城秀樹さん。中央は桜田淳子さん。自動車博物館ではありますが時代背景を演出する小道具として雑誌が展示されているようです。それにしても懐かしい。
2010062005408
そして、70年代後半、サザンオールスターズです。ピンクレディが見当たりませんが。勝手にシンドバッドは、当時の流行曲、勝手にしやがれと渚のシンドバッドの合成、そしてプレイバックPart 2には勝手にしやがれのフレーズが登場、何かと言葉遊びのある時代でしたねえ。左下の今で言うところのシャギーカット風の女性は大場久美子さん(だと思う)。色褪せないですねえ。ファンでしたよ。音楽は山口百恵さんのファンでしたが。
2010062005411
2010062005412
2010062005413
2010062005414
2010062005415
2010062005416
2010062005417
2010062005418
2010062005423
2010062005424
2010062005426
2010062005427
2010062005428
2010062005429
2010062005431
2010062005432
2010062005433
2010062005434
2010062005435
2010062005436
2010062005437
2010062005438
2010062005439
2010062005440
2010062005442
2010062005444
2010062005445
2010062005446
豊田
2010062005447
2010062005448
2010062005450
ようやく懐かしの車が登場してまいりました。
2010062005451
2010062005452
2010062005453
2010062005454
2010062005455
2010062005456
2010062005457
2010062005458
2010062005459
母親の愛車だったなあ。
2010062005460
2010062005461
言わずと知れた2000GT。この前見かけたと思ったら、マツダロードスターのレプリカでした。
2010062005462
2010062005463
2010062005464
2010062005465
2010062005466
2010062005467
2010062005468
2010062005469
2010062005470
2010062005471
2010062005472
2010062005473
さて、十分にトヨタ博物館を堪能したところで、次の目的地へ向かいます。
2010062005334
そのまま愛知万博会場跡地(モリコロパーク)を通り過ぎ。
2010062005358
グリーンロードに乗る直前で瀬戸方面へ左折すると。
2010062005335
愛知県陶芸資料館(へ通じる道)が御座います。
2010062005337
ここからさらに奥へ
2010062005338
奥へと続く道を行き
2010062005340
ようやく辿り着くのです
2010062005341
資料館側入り口
2010062005347
今回は陶芸体験をしに来ましたので、別館へ
2010062005350
実習室利用料240円/2時間・粘土料金400円/2キロ。合計しても640円程度です。採算が合うのでしょうかねえ。
2010062005351
粘土の種類が選べます。今回は初心者用の粘土です。
2010062005352この洗面器と中身の道具で製作して行きます。
2010062005353
2010062005354
2010062005355
不慣れなため、私自身は2時間かけて茶碗1つしか完成させられませんでした。まずは皿などの簡単なものを作るべきだったようです。
一ヶ月後に焼き上がり一ヶ月間は保存していただけるようです。この後、瀬戸市街へと向かいました。
2010062005479
まずは末広町商店街。
2010062005480
2010062005482
祖母がよく映画を見に出かけていたという中央劇場は閉鎖されているようです。
2010062005483
割と最近まで営業していたようにも見えます。
2010062005484
40年前、混雑しておりました商店街が、今は静かになっております。母親の実家が瀬戸で陶器工場をやっておりましたが、最盛期は川の水が陶器工場からの排水で真っ白で、賑わいの絶えない町でした。
2010062005485
2010062005486
綿菓子製作機があったので綿菓子を作ってみました。
2010062005490
あらよっと。
2010062005497
最後に瀬戸蔵へ寄って、甘味を食べ帰りました。
2010062005498
ここには瀬戸蔵ミュージアムがあり、時間をつぶすこともできます。
2010062005499
今回は雨の日ということもあり、屋内施設を中心に観光をしてみました。如何で御座いましたでしょうか?

携帯電話を買いました

2010年6月3日 木曜日

DSC05250
先日入院中に故障した携帯の代わりとして新しい機種を考えたのですが、操作を最初から覚えるのはとても面倒ですので結局同じものを買いました。
DSC05253
910SH
画質にはわずかに不満点はありますが、アナログ感のある自然な写真が撮れます。使い続けてついに4代目です。
DSC05254
1台目は使い始めて1週間でイルカと触れ合えるタッチプールにて水没させました。イルカも何事?って思ったでしょうね。
DSC05255
2台目はスタジアムでスポーツ観戦中に手が滑って下の階まで落下しました。拾ってくれた人は空から突然携帯が降ってきてびっくりしたかも。
DSC05262
3台目は私が入院中に突然使用不能になりました。ある意味で身代わりとなってくれたのかなあ。(実は落としたり、水に濡らしたりしていたかも)
DSC05257
おまけ
今までの携帯を並べてみました。他にも1台水没させてます。首からぶら下げないと駄目みたいです。
新たに入手した910SH。今度こそ落下も水没もさせないようにしたいと思います。