2011年7月 のアーカイブ

骨董と珍品

2011年7月30日 土曜日

kottou0348
とある所で2,000円にて入手した鼈甲製シガレットケース。
kottou0349
内部のゴムは伸びきっています。
kottou0350
おそらく30年から40年ぐらい前の代物。一部に破損もあります。
kottou0353
少し磨いてみました。
kottou0354
一気に光沢が復活します。
kottou0355
両切りタバコ時代のもので少々サイズが現代のタバコにマッチしません。ゴムを取り去り名刺入れにリフォームしてみました。
kottou0361
さてこちらは1,000円にて入手した灰皿。
kottou0362
一見して、工業製品に見えますが、素性は全くわかりません。
kottou0364
「球体 灰皿」
「ball ashtray」
などで、あらゆる検索をかけても、情報が出てきませんのです。
kottou0365
それほど古くはないと思いますが。
kottou0366
全ての部品が鋳造品や削り出しのようですし、
kottou0367
ハンドメイドの1点物ではないかと、
kottou0368
思われる節があります。
kottou0369
即ちパーツごとに大量生産し、組み付けたといった感じではないのです。
kottou0370
微妙に精度がでていなかったりして、
kottou0371
それも味わいとなってます。
kottou0372
とても気に入りました。生きている間は愛用していきたいです。

お宝BOXの中身 その13 TOYおみやげ

2011年7月23日 土曜日

retoro_toy_0374
TOYおみやげという名のおもちゃ。
retoro_toy_0376
おそらく駄菓子屋にあるタイプのものでしょう。
retoro_toy_0377
日本製
retoro_toy_0378
使い方がわかりませんが。

おそらくこのように使うのでしょう。
retoro_toy_0379
お次はラッパ?かな?
retoro_toy_0380
ブブカにも似てます。

音はチープです。
retoro_toy_0381
そしてなぜか虎のお面。
retoro_toy_0382
しかも目が黄色いセロファン。
retoro_toy_0383
装着すると視野がこうなります。
retoro_toy_0384
最後にギター。
retoro_toy_0385
これらはどう使うのかわかりませんが。
retoro_toy_0387
とりあえずギターとして音は出そうです。
retoro_toy_0388
このギターは絵が、さらにチープ。
retoro_toy_0389
ドラムに。ギターに。地味にエレキ?
retoro_toy_0390
タンバリン。
retoro_toy_0391
日本製
retoro_toy_0393
ピックも付属。

音はこんな感じです。
正直、あんまり使えなさそうですが。このおもちゃが日本製だと言うところが時代を感じさせます。
以上です。

サイクリングで郊外へ

2011年7月16日 土曜日

denen0585
前回の自転車専用道路ですっかりやる気を出した私は、日ごろの運動不足をさらに解消すべく国道22号線沿いに郊外まで婦人用自転車で走ってみました。
それにしても暑いです。感覚的には「暑い」というよりも「熱い」。市内を抜け太陽の光を遮る物が少なくなると、ひたすらジリジリ太陽に照らされます。まさに灼熱地獄。
denen0586
国道22号線を脇に入った所でパッと視界が開けて夏の空が見えたと思ったら、そこはのどかな田園。ちょうど喉がカラカラになったのですが、コンビニエンスストアが近くには見当たりません。
denen0588
飲めるほどの透明度ではないですが、思わず飲みたくなるほど喉が渇いてます。山肌から湧き出る水ではない、決して飲めない、それはわかっていてもしばらく水を睨みながら頭がボーっとしてしまいました。ほぼ思考停止寸前でしたが、良く探したらすぐ傍に自販機が見つかり一安心。
denen0589
近くに公園がありましたが、この気温と日差しのせいか誰もいませんでした。そりゃあそうでしょう。私も熱中症になりかかりましたから。思いつきだけで無計画にサイクリングなんてするものではないですねえ。皆様もお体にはご自愛ください。それでは。

桜通りに自転車専用道が完成

2011年7月9日 土曜日

cycleroad0582
所用で中区の公的機関へ行く用事がありました際に、自らの健康を考え自転車で行く事になったのですが。なんと桜通りに自転車専用道路(BicycleWay)が新設されていますのを発見しました。
cycleroad0577
しかも出来たのはつい最近。どうやら平成23年6月25日に開通したようです。
cycleroad0579
実際に走ってみてこれはとても快適な道路だと感じました。幅を確保している点や対面通行式である点などは安心感があります。
cycleroad0581
どの道路でも出来るという事ではないですが、名古屋は幸いにして田舎で御座いますので、このように道幅が広い道路が多く、特定の区間であれば歩行者と自転車と自動車がそれぞれ住み分けができるようです。これで事故が減れば良いですねえ。それでは。

ありがとう城北病院

2011年7月2日 土曜日

DSC08618
歴史ある名古屋・城北病院の最終日に立ち会えました。
DSC08619
飾り付けられているようです。
DSC08620
昭和16年開設
DSC08622
DSC08621
こちらはさらに古い城北病院の写真。
写真には進駐軍の方も写っているようです。
DSC08624
DSC08623
完成した当時の城北病院。
〒462-0033
愛知県名古屋市北区金田町二丁目15番地
DSC08625
当時の新聞。
DSC08627
日付は昭和45年9月9日
DSC08628
DSC08629
現在はこちらに移転しています。
DSC08630
移転のスケジュール。
DSC08632
今回特に気になったのがこの絵。新病院に飾られることはなさそうですが。
おだやかな表情で扉に激突している所が面白い。
DSC08633
カウンターも無人。
DSC08634
案内図
DSC08635
いつもは混雑する病院でありますが、
DSC08631
人がいないと不思議な感じです。
以下、淡々と写真を紹介します。
DSC08636
DSC08637
DSC08638
DSC08639
DSC08640
DSC08641
DSC08642
DSC08644
DSC08645
DSC08646
DSC08647
DSC08648
DSC08650
DSC08651
DSC08652
DSC08659
DSC08660
DSC08665
DSC08666
DSC08667
DSC08668
DSC08669
DSC08670
DSC08671
DSC08673
DSC08720
DSC08721
DSC08722
DSC08723
DSC08724
DSC08725
DSC08736
DSC08737
DSC08738
DSC08739
DSC08740
DSC08741
DSC08742
DSC08743
DSC08744
ダストシュート
DSC08745
公正で安心・安全・良質な医療の提供と地域の人々に信頼される病院として長らくこの地にあった病院は、新たに名古屋市立西部医療センター「愛称:じょうほく」として新住所〒462-8508 名古屋市北区平手町1丁目1番地の1にある最新の施設を備えた病院へ移転しました。
スタッフの皆様の大半もそのままそちらへ移動されたようで、実質的には新たなる城北病院として生まれ変わったようです。
この日、私はこの病棟には「お疲れ様でした」と心の中で礼を言って、昭和の名残を感じるこの場を後にしました。