さくらのサーバーApacheバージョンアップ(2.2 → 2.4)で突然Basic認証を要求してくる

http://support.sakura.ad.jp/mainte/mainteentry.php?id=22698
2017年09月28日
10時56分 : 現在状況の確認をしております。
13時30分 : 暫定対応を行い、つながりづらい状況は改善しております。
引き続き対応を行っております。
18時30分 : 原因箇所が判明しており、対応方法の検証を行っております。
また、障害発生日時が判明したため更新いたしました。
以下のメンテナンスのApacheバージョンアップ作業が原因
となりますが、お客様ごとに作業日が異なるため、多くの
お客様は9月27日10時より発生しております。
http://support.sakura.ad.jp/mainte/mainteentry.php?id=22624

この情報がわかりにくかったせいで復旧に手間取り徹夜でした。
浅い検証でOK出してApacheバージョンアップしたのでしょうね。
結果は簡易な管理画面に対する言語道断なBasic認証の要求。(設定した覚えがないのでユーザー名もパスワードも不明)


Windows セキュリティ
iexplore
(ドメイン)がユーザー名とパスワードを要求しています。
サーバーの報告によると、これはWeb Accessからの要求です。

要するに管理画面に鍵を変えられた状態なわけです。
これでは仕事が出来なくなるので急きょ対応したのです。

対応策はルートディレクトリにいきなり出現した「.htaccess」の削除。

iOSもAndroidもWindowsもバージョンアップすると必ず、そう100%の確率で不具合が出るんですよねえ。不具合が出ないことなどないとも言えます。
ならば、なぜ例えば100人ぐらいのユーザーから検証をして万全にしてから100000人分のユーザー分を更新するとかをしないんでしょうかね?
結果として被害者の数が最小で済むと思うのですが。
時間を返してほしいものです。
それではまた。

コメントをどうぞ