五代松鍾乳洞

モノレールというよりは山林用荷物運搬車のようなもので急斜面を上り向かいます。
勾配がありすぎてポケットから物が落ちるほどです。
上の駅に到着し、ヘルメットを支給されいざ中へ。
あまりに本格的な鍾乳洞で狭い箇所も多く頭を何度もぶつけました。
これは本格的。できればヘッドライトなどを持っていくとよいかもしれません。
それではまた。

コメントは受け付けていません。