養老天命反転地(ようろうてんめいはんてんち)

久々に行きました。
時間の経過とともにモダンアートもモダンではなくなる。
レトロアートになっていくのかなと、感じました。
ところどころ1995年で時間が止まった部分があり、それがまた良い味を出しています。
二人の作者様もいまは故人でありますが、とても良いものを遺されたと思います。
それではまた。

コメントをどうぞ